TUTU NEWS

渡边良重|ギギの三点展


 
Krankの家具に出会った
彼らはユーロッパはら買い付けした中古家具をひとつ丁寧にメンテナンスして、福岡の警固という場所で販売している。
出会った家具を見つめ、しばしば着ている服を脱がし、素の姿に戻して再びデビューさせる。
私たちはそんなKrankの家具に魅了され、この作品を制作することになった。
きっかけをくださったのは3Dソフトウェアメーカーのソリッドワークス大澤美保氏。
私たちは、イメージを膨らませた。
今とかつて、人工と自然、保存と腐敗、侵食と共存、秩序と無秩序、輝き、糧、バラドックス
このようなイメージのもと、プロダクトデザイナーの阿武優吉氏の協力をいただき、「蜜の棚」を制作した。
Ryosuke Uehara & Yoshie Watanabe
This all started when I encountered Krank’s furniture.
They purchase used furniture from Europe and perform careful maintenance on each piece, then sell them in Kego, Fukuoka City. They observe and highlight the furniture’s natural beauty, and sometimes remove its paint to undress it for a rebirth.
Krank’s furniture always captivates me.
One day, Miho Osawa who works for Solidworks Japan KK, a 3D CAD design software maker, gave me an opportunity to create an artwork inspired by my favorite furniture.
We drew a picture of the artwork in our minds -
Now and Then, Art and Nature, Preservation and Decay, Inclusion and Coexistence, Order and Disorder, Sparkle, Food, Paradox, etc.
With the help of product designer Yukichi Anno, we created Mitsu no Tana our of those concepts.