TUTU NEWS

日本のアートディレクション展 2018一般作品
クリエイションギャラリーG8


 
1952年に設立された東京アートディレクターズクラブは、展覧会や年鑑の発行などを通じ、日本にアートディレクションという考え方を普及させる活動を続けてきました。今年度も、2017年五月から2018年4月までの1年間に発表、使用、掲載された約8000点の応募作の中から、ADC全会員80名による3日間にわたる厳正な審査により、受賞作品と年鑑収録作品を選出しました。その選りすぐられた作品の数々を制作者の企画意図と併せて展示します。「ADC展」から名称を新たにした本展で、日本のアートディレクションの最前線をぜひお楽しみください。また年末発売予定のADC年鑑も「ART DIRECTION JAPAN / 日本のアートディレクション 2018」として大きくりニューアルしますので、ぜひご覧ください。
 
ART DIRECTION JAPAN 2018 EXHIBITION
Established in 1952, the Tokyo Art Directors Club has been active spreading the concept of art direction to Japan through exhibitions and publishing almanacs. All 80 ADC members spent three days carefully judging approximately 8000 entries that were announced, used, or published during the last fiscal year from May 2017 to April 2018 to select award winners and artworks that will be published in the almanac. The selected artworks will be exhibited along with their producer’s intent. We hope you enjoy this exhibition, Previously known as the ADC Exhibition, Which showcases the cutting-edge of art direction in Japan. We also hope that you check out the ADC almanac that will be published at the end of the year, called “Art Direction Japan: Art Direction in Japan 2018,” which has been given a radical new look.